017

LARRY SMITH / ラリースミス "US STUDS BELT" スタッズベルトについて

LARRY SMITH / ラリースミス "US STUDS BELT" スタッズベルト 【Color】Black,Brown 【Price】¥55000+tax USAのレザークラフト工房CORNERSで製作されたスタッズベルトになりますが、なんといってもレザーのエイジング加工が素晴らしいです。まるで数十年前のベルトかと思わせるほどの雰囲気がベルトに宿っています。またスタッズにてGOOD…
写真 2015-06-13 13 31 01

fascination of the gold / Larry smith

LARRY SMITH / ラリースミス 18K KAZEKIRI FEATHER RING 金は、年代を経ても基本的な性質を損なわず、価値を保存する性質に優れていたことが大きな理由で最も価値のあるモノとして考えられており、純粋、価値、特権階級の象徴としてもとらえられていました。 その金を、ジュエリーという造形物として落とし込んだアイテムには他の素材には無い魅力があります。   当時、決して裕福ではなかったインディアン達には金は無縁なモノでした。 もしかすると、、、、、、 LARRY…
k 002kJ

絶対に使えるビーズネックレス / LARRY SMITH【ラリースミス】

今日もFIXERブログを見て頂きありがとうござます。 5月も今週で終わり来週はもう6月になりますね。気候にともなって皆様のスタイルもL/S(ロングスリーブ)からS/S(ショートスリーブ)になってきたのではないでしょうか!! 今日は、コーディネイトの上であると絶対に使い回しができるビーズネックレスについて紹介します。 1年ほど前からビーズネックレスの需要が高くなってきましたね。FIXERでは色んなカラーのビーズネックレスを展開してきましたが、まずは最初の1本!とか、色んなスタイルに合わせやすいビーズネックレスはとかを考慮すると赤(RED)のビーズがやはりお勧めですね。 目を惹きつけ、スタイルの差し色としても重宝できる赤のビーズネックレスをFIXERでは多数入荷しました。 左3本は直径が8mmサイズのビーズ、左から4番目は直径が5~6mmサイズのビーズ、1番右は3~4mmサイズのビーズネックレスなります。また左3本は、推定20世紀頃に作られたとされるホワイトハートビーズを使用しておりその雰囲気は現行品のビーズとは違ったモノとなっています。そしてビーズの粒が扁平筒型になっているものが多く状態も良好です。 今回特に希少なものは、左から2番目のアイテムでこちらはビーズに磨きをかけていないのでマッド(艶無し)な仕上がりになっておりLARRY…
019

LARRY SMITH / ラリースミス "CLASSIC STAMP EAGLE TOP"と"THUNDERBIRD TOP"との違い

LARRY SMITH / ラリースミス 1880年~1940年代の手間と時間をかけ制作されたトラディショナルなスタイルのインディアンジュエリーを、現代のスタイルに落とし込んでいるブランドであり、伝統的な製法でありながらもモダンに仕上げるセンスは現地のネイティブアメリカン達からも絶大的な評価を受けており、現地のシルバースミスたちが認めた唯一の日本人なのです。 そんなLARRY…